2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« たたき台への意見 ー学部カリキュラムの三団体案との比較ー | トップページ

2016年12月22日 (木)

たたき台への意見② -大学院カリキュラムと三団体案ー

いよいよ本日のワーキングチームにおいて、 新しい事務局たたき台が出てくる予定です。

前回提示の大学院カリキュラムたたき台には、

A.実践科目(参考ということで6単位)、

B.実習科目(参考ということで18単位)、

となっています。

これは、

大学院の科目の検討はこれからであるということだと思いますが、

一部には大学院での知識の学習は必要ないという主張もあるようなので、

3団体案に基づき、カリキュラムをしっかりと主張していく必要があるでしょう。

 

まずA.実践科目を、A.基幹科目とB.展開科目に分ける必要があるでしょう。

そして、

A.基幹科目として、

臨床心理学特論、

心理アセスメント特論、

心理学研究法特論、

がまず設定される必要があるでしょう。

これらは言うまでもなく、心理支援の根幹をなす科目群です。

そして、

心理支援特論、

関係者援助論、

予防心理教育特論、

公認心理師関係行政・倫理特論、

が設定される必要があります。

これらは公認心理師の業務内容を科目化したものです。

B.展開科目としては、

医療保健、教育、福祉、司法・法務・警察、産業の、 各領域関連の科目設定がなされることが重要です。

そして、 C.実習科目については、たたき台案の18単位はあまりにも荷重です。 知識と体験のバランスのとれたカリキュラムにする必要があるでしょう。 三団体案のように6単位が適正と考えます。

本日のワーキングチームに提案される新しいたたき台と、 それをめぐっての議論の行方に注目したいと思います。

« たたき台への意見 ー学部カリキュラムの三団体案との比較ー | トップページ

養成カリキュラム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113171/64653641

この記事へのトラックバック一覧です: たたき台への意見② -大学院カリキュラムと三団体案ー:

« たたき台への意見 ー学部カリキュラムの三団体案との比較ー | トップページ