2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« いわゆる学部卒ルート不公平論について | トップページ | たたき台への意見② -大学院カリキュラムと三団体案ー »

2016年12月20日 (火)

たたき台への意見 ー学部カリキュラムの三団体案との比較ー

12/8提示のたたき台について、座長がさまざまな意見を求めていると投げかけがあり、
次回の12/22のワーキングチームで、
さまざまな意見が出てくるものと思われます。

本ブログでも、
学部と大学院に分けて、
カリキュラムたたき台について、
意見を述べたいと思います。

まず、
臨床心理学(概論)が必修科目にいれることが最も重要と考えます。
この点についてはワーキングチームでも議論があり、
この科目を科目としていれることを座長が認めているので、
12/22のたたき台に確実に入っていくかを確認する必要があるでしょう。

また、
支援論の科目を、
心理療法概論心理支援論に分けて、
科目化する必要があります。
心理学的支援の基礎理論である心理療法理論は、
三団体では、
心理療法論、 深層心理学、カウンセリング心理学、認知 行動療法論があり、
これらの科目から選択必修できれば良いのですが、
現在進んでいるように、科目はすべて必修とするということであれば、
心理療法概論として位置付けてはいかがでしょうか。

加えて、
公認心理師の業務である関係者の相談、心理教育といった、
いわゆる地域援助も含めた支援論の学習が重要と考えます。
三団体案で、集団心理療法論、ストレスマネジメント論と科目化されていたものを、
心理支援論と必修化するというアイデアです。

そして、
実地実習の単位数が6単位と多すぎます。
上記のような講義履修を増やし、
実地実習に単位を2単位程度にしてはいかがでしょうか。

三団体案をもちろん推していくべきですが、
調整が必要な局面では、
たとえば心理療法論(概論)を必須化し、
科目名を、
深層心理学やカウンセリング心理学でも可とする、
という手もあるかと思います。

まずは学部カリキュラムについて意見を述べました。
さまざまなご意見をお待ちします。

« いわゆる学部卒ルート不公平論について | トップページ | たたき台への意見② -大学院カリキュラムと三団体案ー »

養成カリキュラム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113171/64649034

この記事へのトラックバック一覧です: たたき台への意見 ー学部カリキュラムの三団体案との比較ー:

« いわゆる学部卒ルート不公平論について | トップページ | たたき台への意見② -大学院カリキュラムと三団体案ー »