2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« ワーキングチームの開催日程 | トップページ | 本日のワーキングチーム »

2016年11月 3日 (木)

ところで、「主治医の指示」についての議論は?

公認心理師カリキュラム等検討会がこれまで2回開催され、
明日にはワーキングチームが開催されます。

これらの会では公認心理師のあり方やカリキュラムなどを中心に、
議論がされていますが、

「主治医の指示」の内容の議論については、
どうなっているのでしょうか?

検討会の議事録メモにも、
全く出てきませんでした。
検討会では公認心理師のあり方も議論する場なので、
当然、主治医の指示についても、
議論されるべきと考えます。

このまま検討会やワーキングチームで議論されないままでいると、
ある時に突然に、
こういうことだという話が上から降りてきて、
省令などで確定されてしまい、
現場が大いに混乱するということが起きかねません。

ぜひともさまざまなルートを使って、
検討会やワーキングチームのメンバーに、
議論するテーマに挙げてもらえるよう、
働きかけをお願いできればと思います。

« ワーキングチームの開催日程 | トップページ | 本日のワーキングチーム »

医師の指示」カテゴリの記事

コメント

お久しぶりです。
inottiと申します。
「主治医の指示」の内容の議論については、検討会前に公認心理師制度推進室に電話で確認を取ったところ、今回の検討会では、「主治医の指示」の具体的な運用に関する議論は含まれないとのことです。
そして、「医師の指示についても、平成30年、最初の試験が終わり、公認心理師の方が社会に出ていく前までには決めて、何らかの形でお示しをしていかなければならないと考えているところです」(日本臨床心理士会雑誌第25巻第1号掲載、平成28年5月21日開催の日本心理研究センター創設3周年記念行事における森室長の講話を編集したもの)とあります。
また、検討会でも示された施行スケジュール(イメージ)を見る限り、法の施行後から第一回目の試験(附則第五条 施行日の属する年は、試験を行わないことができる)まで期間があるため、その期間中に「主治医の指示」に関する検討会の開催や検討会の内容を省令として落とし込む作業に当てることになることも想定され得ます。
それでは、失礼します。

inottiさん
貴重な情報をありがとうございます。
なるほど、やはり検討会での議論の対象からは外すという意向なのですね。
公認心理師のあり方の議論はあるわけなので、
参加者の率直な意見は聞きたいところですが。
いずれにしても、
水面下でいつの間にか根回しが行われ、
突然ルールが明らかになるということがないよう、
注視していければと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113171/64438387

この記事へのトラックバック一覧です: ところで、「主治医の指示」についての議論は?:

« ワーキングチームの開催日程 | トップページ | 本日のワーキングチーム »