2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 「主治の医師の指示」に関する論点 | トップページ | 第2回公認心理師カリキュラム等検討会案内 »

2016年9月27日 (火)

このブログを再び更新します

しばらくご無沙汰していました。

このブログを再度(再再度)更新します。

再開する理由は、

この9月に始まった、

厚生労働省の公認心理師カリキュラム等検討会での議論を、

注意深くフォローアップするためです。

2015年9月に公認心理師法が成立し、

臨床心理職の国家資格化は、大きく前進しました。

しかし、真の意味で、臨床心理職としての国家資格となるには、

いくつかの課題があります。

そのことがいま、

カリキュラム等検討委員会で議論されようとしています。

その経緯を、このブログでも注視していこうと思います。

« 「主治の医師の指示」に関する論点 | トップページ | 第2回公認心理師カリキュラム等検討会案内 »

あるべき心理職国家資格の姿」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113171/64246521

この記事へのトラックバック一覧です: このブログを再び更新します:

« 「主治の医師の指示」に関する論点 | トップページ | 第2回公認心理師カリキュラム等検討会案内 »