2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 「医師の指示」に関する厚生労働省担当者の説明と私の疑問 | トップページ | コミュニティ支援において「医師の指示」は時代遅れ »

2014年5月 6日 (火)

「指示」という日本語の意味

ところでそもそも「指示」という日本語の意味は何でしょうか。

goo辞書によると、

" さしずすること。命令。「―に従う」「―を与える」「部下に―する」"

ということです。

日本栄養士会の公式ホームページの改正栄養士法Q&Aのところには、
指示と指導に関して以下の説明がなされています。

"一般的には、「指示」は個別具体的でかなり強い強制力を持ったものであるのに対し、
「指導」は抽象的包括的なもので、それに従うかどうかも指導を受けた側の主体的な判断に
委ねられるものとされます。"

つまり指示という言葉には、
1)その行為の強制力
2)その行為の内容の具体性
3)それが誰から誰に対して行われるかの明示性
4)その行為のなされる具体的方法
が含まれていると考えることができるでしょう。

わかりやすく言うならば、

ある人が特定の人に対して、
相手にわかるような具体的内容を、
間違いなく理解しているか確認しながら、
強制力を持って行なう

ということでしょうか。

ほとんど命令に近いですね。
ちょっとこれはかなり強い拘束力を持った言葉です。

今回の公認心理師法案における医師の「指示」という言葉が、
どの程度の拘束力を持ったものか、
その定義について私たちはよく確認しなければなりません。

また日本臨床心理士会の要望書にあるとおり、
医療提供機関に限った指示にするか、
もしくは指導といった表現にするよう、
粘り強く声をあげていく必要があるでしょう。

« 「医師の指示」に関する厚生労働省担当者の説明と私の疑問 | トップページ | コミュニティ支援において「医師の指示」は時代遅れ »

医師の指示」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。
初めてコメントを書かせて頂きます、Inottiと申します。
指示の件ですが、
法令用語や法医学的研究、通達としては
http://www.wam.go.jp/wamappl/bb13gs40.nsf/0/49256fe9001ac4c749256c64001933ef/$FILE/sankou1,2.PDF
http://www.geocities.jp/adliteracy/iryoukoui.html
(http://www.jpo.go.jp/shiryou/toushin/shingikai/pdf/iryo_wg1/tokkyo_iryou_siryou5.pdf)
http://dl.med.or.jp/dl-med/teireikaiken/20140416_32.pdf
http://square.umin.ac.jp/jtta/government/mhlw/iryokoui.html
が参考になるかと思います。
また、国会審議では
http://hourei.hounavi.jp/seitei/hou/S45/S45HO083.php
http://www.shugiin.go.jp/internet/itdb_housei.nsf/html/housei/16220050502039.htm
にて改正に至る審議として
http://kokkai.ndl.go.jp/SENTAKU/sangiin/162/0062/16204210062016c.html
があり、その中で触れている
"昭和三十三年の議員提案の衛生検査技師法の制定当時の国会の会議録"
http://kokkai.ndl.go.jp/SENTAKU/sangiin/028/0188/02803250188016c.html
http://kokkai.ndl.go.jp/SENTAKU/syugiin/028/0188/02803050188017c.html
http://kokkai.ndl.go.jp/SENTAKU/sangiin/028/0188/02804010188018c.html
http://kokkai.ndl.go.jp/SENTAKU/sangiin/028/0188/02804080188020c.html
の様です。
後は、精神保健福祉士や言語聴覚士
の法制定時の国会審議や省庁で
http://kokkai.ndl.go.jp/SENTAKU/syugiin/141/0223/14111280223006c.html
http://kokkai.ndl.go.jp/SENTAKU/sangiin/141/1210/14112041210012c.html
http://kokkai.ndl.go.jp/SENTAKU/sangiin/141/1210/14112111210013c.html
http://www.sangiin.go.jp/japanese/gianjoho/old_gaiyo/141/1414107.pdf
http://www1.mhlw.go.jp/shingi/s0226-2.html
http://www.aikis.or.jp/~f-3980/wcsw9707.htm
http://www.asahi-net.or.jp/~LC1T-KYM/seisin.htm
https://www.jaswhs.or.jp/guide/ethics.php
でも議論されている様なので、ご参考迄。

法令用語や、過去の国会審議にて「指示」が議論されていたのでご紹介したいと思い、内容にURLをつけたのですが、エラー表示が出て、日記投稿者の確認待ちとのことですが、その後どうなりましたでしょうか?

inottiさん、大切な情報をありがとうございます。これらの積み重ねをよく考えていかなければばらないですね。
該当コメントがなぜかスパムのカテゴリーに入っていて、承認が必要な状態になっていました。
いま承認の処理をしましたので、順番は入れ替わっていると思いますが、掲載されたかとおもいます。
このブログのコメントは基本すべて承認となっておりますので、今後ともよろしくお願いいたします。
国会審議の情報、精査させていただき記事に反映させていただきます。

承認ありがとうございます。
恐らくは、blog仕様によって、複数のURLは貼り付けは、スパムメールに移動してしまった可能性がありますね。
最後に、全心協も日本臨床心理会と同様にHPに要望書を掲載された(5月7日付)ようです。
http://www.onyx.dti.ne.jp/~psycho/09info/info140507.html
こちらは、具体的な条文の修正案(と言っても、言語聴覚士の明文化とは違い、医療関連領域外の領域or所属は明言されていませんが…)が記載されております。
まだお知りになっていないようでしたら、ご参考まで。

過去の国会審議のかいつまんで記載した場合、下記の様になろうかと思います。
平成17年に行われた「臨床検査技師、衛生検査技師等に関する法律の一部を改正する法律」の参議院での国会審議では、政府参考人として厚生労働省医政局長も呼び、参議院議員の足立信也氏及び小池晃氏が、 昭和三十三年に議員立法として衆議院に提出された衛生検査技師法の制定当時の参議院の会議録や「法令用語の常識」を用いて、 「指導監督を指示にすることで、意味が変化しませんか?」と、質疑しております。
それに対して、 衆議院議員の鴨下一郎氏が昭和四十五年の通知も念頭におきつつも(衛生検査技師も、改正・名称変更後の臨床検査技師も、資格のスタンスとして、引き続き医療分野限定なので)「意味は変わりません」と答弁しております。
平成九年の閣法として精神保健福祉士法制定前の参議院での国会答弁においては、
”指示から指導にしたのは、法的拘束力が強い(縛りが強く)。但し、その場合、もし主治医の指導に従わない場合は、結果的に、社会的信用を失墜されるわけだから、その場合の罰則を精神保健福祉士法案の条項に盛り込んだ。
今後CPが国家資格化する際、医療行為に該当する業務の判断の有無で議論になるはずなので、今回から指導を用いた"
かと思います。

inottiさん、次々と情報、感謝です。
これまでの国会での議論は、
当然正式な見解として残ってくるので、
今回の「医師の指示」がそれを踏襲しているのか、
それとも新しい解釈を提示しているのか、
きちんと整理しながら進めていければと思います。

5月9日にHPにて、日本臨床心理士養成大学院協議会国家資格検討委員会が、「指示」が法律の文言に使われる事への意見書を、他法律や過去の通知、流れも交えて、4項目ほど打ち出しました。取り急ぎ、ご連絡まで。
http://www.jagpcp.jp/iken20140508.pdf
(http://www.jagpcp.jp/news.html http://www.jagpcp.jp/index.html)

重要な情報をありがとうございます。
「医師の指示」への整理された反論です。
特に前半部分はとても共感できます。
ただ、
今回の法律の全体に反論する訳ではないのですね。
少し不思議な感じがします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113171/59560801

この記事へのトラックバック一覧です: 「指示」という日本語の意味:

« 「医師の指示」に関する厚生労働省担当者の説明と私の疑問 | トップページ | コミュニティ支援において「医師の指示」は時代遅れ »