2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 「心理専門職に関する国際シンポジウム」速報1 | トップページ | 8年ぶりに再開します »

2006年10月10日 (火)

「国際シンポ」速報2-感想

今回のシンポは、医療関係団体の方も参加してくださって、ご発言してくださいました。日本精神神経科診療所協会の先生や日本精神神経学会の先生からの率直な発言がありました。また、日本精神科病院協会の先生も参加しておられました。なかなか、緊迫したディスカッションでしたが、医療と心理の関係者が直接に意見を交し合うこの機会は、本当に待ち望んでいたものでした。医療関係の皆さんの意見にはまだまだ理解をいただくまでの距離も感じましたが、このような議論を重ねることの大切さを再認識しました。

今回のシンポの中で、すべての先生が強調されていたのは、心理学独自の専門性とその対人サービスがあり、それは医療のサービスとは異なるものだ、ということだと思います。この点を、海外の先生はさかんに、心理士の立場はfree(フリー)である、と強調していました。この意識はわれわれにとってはなじみのある考えと思うのですが、医療の方々からはやはりわかりにくいのでしょう。

フロアーからは、社会福祉士の方からの発言もありました。この発言は、私は聴いていて、思わず涙が出てきました。ソーシャルワーカーが医療の分野に入ることの困難さの歴史と、医療に入るならばと条件を提示され(医療関連科目を大幅に履修することを要求されたとのこと)、それではソーシャルワークの独自性を保てないということで話を断ったという話、その結果「100年は医療の世界には入ってこれない」と言われてしまったという話でした。まさに、同じようなことが心理の世界でも起こっていますね。

国家資格問題は、自分(心理士自身)のためとか地位向上のためということではなく、心理学の知恵を質の高いサービスとして享受する国民の権利を、守ることができるかどうかということとイコールであると再認識しました。海外ではそのような国民の権利を保障する法整備を整えたところが多いです。さて、日本は?ということですね。

どうぞ、皆さんのご意見、ご質問をおよせください。

« 「心理専門職に関する国際シンポジウム」速報1 | トップページ | 8年ぶりに再開します »

あるべき心理職国家資格の姿」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。ブログの再開、とても嬉しいです。
こころしかくさんが訴えていらっしゃった「医療心理師は福祉職ではないか?」ということや「2資格できることで混乱するのでは?」というあたりの危機感を最近強く感じております。
資格問題での表向きの動きとしては、前回と同じ法案で「一枚岩」ということを強調したいようですが、せっかく1年以上の時間が経ったわけですから、「本当に2資格必要か(臨床心理行為を領域で区切ることができるのか)」「指示や指導は?」「更新制度はやっぱり無理なのか?」というあたりも成熟した議論ができるのではないかと思っています。
ところで、今回のシンポでは医療関係者と議論できたのが大きいことかと思いますが、どういう議論がなされたかということなどもご紹介いただけると嬉しいです。

 お久しぶりです。
 昨日同じところにいらしたのですね。
 お見かけしたかもしれませんね。質問で声を上げてくれればよかった(?)。
 また、楽しみにしております。
 
 それからTBを一つ記事を間違えて送ってしまいました(下のやつ)。削除して下さいね、失礼しました。

jazzyyysmileさん
さっそくのコメントありがとうございます。
そうですね。資格のいろんな側面について、じっくりと議論していきたいところです。
どうぞよろしくお願いします。
医療関係者とのやりとりについて、追って取り上げる予定です。

アド仙人さん
本当にお久しぶりです。
あの会場の雰囲気は、ぜひとも多くの臨床心理士の皆さんに知ってほしいところですよね。
いろんな思惑も交錯していましたが、少なくとも世界の心理臨床家のリーダーたちが、日本の国家資格の動向にとても強い関心を持ち、そしてエールを送ってくれたというのは確かだと思います。
どうぞよろしくお願いします。

お久しぶりです。
本当に、すばらしい熱気あふれるシンポジウムでしたね。
上記の、医療ソーシャルワーカーの方の発言が、特に心に残りました。全心協がやって来たことを、いろいろと振り返りながら聞いておりました。
また当方もブログをしていますので、これからもよろしくお願いします。

つなでさん
ごぶさたしております。
さっそくのコメントありがとうございます。
つなでさんの新しいブログの開設、よかったです。
シンポジウムは、国際的な視点で今の日本を考えるきっかけともなり、とても有意義なものでした。
やはり、世界の趨勢もキャッチアップしていかないといけないですね。

ああ、動き出しましたね。
今度こそ、きちんと責任ある仕事であるという根拠付けになるためにも国家資格化を願いますし、海外での修士・博士号取得者も国家資格の際には普通に受けられるような公正なものになって欲しいと願っています。
公共職業安定所にも臨床心理士が配置されているようですし、心理職自体の重要性はさらに大きくなっていますので是非今年度には資格制度が成立することを願っています。

 当日の内容の確認なんですけど、よく聞き取れなかったところで、
 プリッツ博士(すごい迫力の人でしたね、まさに心理療法界のナポレオンといわれるだけある)が、「オーストリアには4つの資格がある。精神療法とサイコセラピーとカウンセリングと・・(後何か忘れてしまった)」と最初に話されたように記憶しているのですが、一方で「資格は一つの方がよい」と後のシンポジウムでもおっしゃってたので、どういうことかなと思った次第です。4つの国家資格があるってこと?
 それともキンダーマン博士がおっしゃってたイギリスみたいに領域別の「応用心理士」みたいなの?
 なまりのある英語と通訳を介してなので、私の聞き間違いなのかもしれませんが。気になっちゃって(あの雰囲気でそんな質問はできないし)。

 理解された方、教えていただけたら幸いです。

両方の会員ですさん
コメントありがとうございます。
臨床心理士は、本当にいろんな分野で役割をまかされるようになっていますね。
はたして臨床心理学がそれらのニーズに応えられるのか、よく研究していかなければなりません。
臨床心理士の役割が増すほど、臨床心理学的研究が盛んになることが大切ですね。
国家資格は、臨床研究のできる質の高い人材を養成することも含めてのものと考えています。
これからもコメントお待ちします。

アド仙人さん
私も少し気になっていたところでした。たぶん4つのregulationと言っていたかなと思うのですが、違うところを指しているかもしれません。
その4つは、私のメモでは、「精神医療」「心理療法」「カウンセリング」「・・・(たぶん言っていない)」でした。

Austriaの参考になりそうなホームページをみると、

http://www.psy.it/normativa_ue/austria/dir_89_48_cee.htm

psychologists Act (心理士法:「保健サービス心理士」と「臨床心理士」を規定)

psychotherapy Act (心理療法法:心理療法家を規定)

と言う風になっていますね。

どうやらAustriaも分かれているようです。
ということは、Pritzは、「ひとつであってほしい」というあるべき姿(理想)を述べたと言うことでしょうか?

どなたか詳しい方、フォローアップをよろしくお願いします。


 欧州の資格の構造が話題になっているようですね。シンポジウムで配布された資料集にオーストリアの法制について以下のように名取教授が説明しています。
 『オーストリアでは「心理療法実施法」という法律が1991年に国会で採択されたそうです。内容は職業の定義、心理療法家になるための訓練、心理療法の準備教育、心理療法の特別専門教育、資格認定、心理療法家になるための訓練の条件、心理療法を独立実施するための条件、既取得単位の認定、専門名称、専門家としての義務、心理療法家登録簿、資格の有効期限、心理療法諮問協議会、罰則規定、他の法律との関係、以降措置規則、施行規則からなり、訓練に必要な科目や時間数が詳細に規定されています。職業の定義としては、心理社会的、心身的原因からなる行動障害、疾病に対して、科学的な心理療法の方法を用い、個人または集団の面接により、改善や人格の成熟、発達、健全な状態を促進する義務、とされています。そして、独立した専門職として、独自の責任のもとで、業務を遂行できる、としています。
養成のプログラムは一般訓練と特別訓練の二部構成で、一般訓練は心理療法の全般的知識、特別訓練は特定の心理療法の実践と理論を学ぶ内容になっています。
 一般訓練段階では、理論部分として、心理療法の歴史と諸学派、学習・コミュニケーション理論、人格理論、一般心理学・発達心理学、リハビリテーションと特殊教育・療育・心理診断と評価、身体と医学の基礎(医療用語、精神医学、精神病理学と心身医学、精神薬理学等)、倫理、心理療法の枠組み、といった科目が規定されています。実習部分として、50時間以上の自己体験、スーパービジョン下での480時間以上の臨床実習(20時間以上のスーパービジョン面接の陪席を含む)が課せられています。
 特別訓練段階も理論部分と実習部分がそれぞれ規定されています。・・・(略)・・・訓練終了する条件として、24才以上であること、独立して心理療法を行うには28歳以上であることが明記。
 心理療法家の名称はこの法律で独立して心理療法を行う資格を有するものだけに認められています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ヨーロッパの国々の資格は少しずつ違っているそうですが、どこも6年間以上の基本的な心理学教育(スウエーデンではこのうち1年はインターン)の後に、基礎的な資格が国家資格ないし王室公認資格が取得でき、その上に国によってさらに専門的な資格(これは学会認定のような形)が分かれて作られているという状況だそうです。
 さらに、現在欧州の国々が連合した「欧州心理療法か資格制度案」といったものが現在準備されていて、経済圏全域にわたる制度化により、専門職の資格水準が統一的に確保され、就労条件の平等化、円滑な人材交流につながると考えられるそうです。
 この制度は加盟40カ国、加盟団体200、傘下の心理療法家は12万人の、欧州心理療法協会が母体になっています。Pritz氏はこの協会のヘッドなわけです。
 シンポの3人が共通して言っていたのは、基礎的資格は一つであり、それは最低6年養成であり、その上に国々によっていろいろな領域資格がある、ということです。

 

コスモスさん

 ありがとございます。
 その当日資料にはその「4つの~」の部分が見えてこないので、果たして何についてプリッツさんがおっしゃてたのかなと思ったのです。
 4つの業務なのか、4つの資格が1つになったのか、4つの内の1つを作ったのか、1つの資格の上に4つの資格がさらにあるのか、あるいは単なる聞き違いか、と。
 欧州の状況は、そのように聞いています。
 資料によると、イギリスは随分複雑そうで、キンダーマンさんの改正案のモデルでもレベル1から5まで出世魚みたいに心理士の名前が変わっていくのが何だか興味深かったです。

心理臨床学会のホムペにシンポの報告が載ってますね。ざっとみたところ、オーストリアのこのととかかかれてないみたいですが。
http://www.u-netsurf.ne.jp/pajcp/general/seimei/index.html

ここも、jazzysmileさんのとこも、なかなか更新されないですね。

資格問題考えるの、エネルギーが要りますね。私は自分でブログ立ち上げるエネルギーはないですが、せめてあちこち読んだりできればコメントとか書き込みたいです。

ところで、jazzysmileさんのとこには、彼女の考えた独自の法案骨子がエントリされてます。http://jazzyyysmile.blog74.fc2.com/blog-entry-10.html

精神科の関係者の皆様からなる精神科七者懇談会さんが、 「心理職国家資格法制化に対しての緊急声明」を出されて、 関係議員や、鴨下議員に明確な「反対の意思表示」を されたようですね。今月の話です。まだ、かかりそうですね。

yariさん、去年の7月の間違いではないですか?
何回も同じ内容を緊急に声明をだす必要もないですし・・・。
ソースが分かれば教えてください。

介護医療福祉の資格情報サイトをお持ちしました

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113171/12219761

この記事へのトラックバック一覧です: 「国際シンポ」速報2-感想:

» 勉強の秋 [山梨臨床心理と武術の研究所]
 最近気温差が激しくて体調がスッキリしません。連休は読書といきたいものです。   [続きを読む]

» 【動き始めた?】臨床心理士国家資格化【今国会?】 [jazzyyysmile]
衆議院議員鴨下一郎議員のブログに、臨床心理士の国家資格化への動きが臨時国会であるというように書かれています。 昨年ぽしゃった原因は、?「心理学関係者内での意見の(大きな)相違」と?「精神科医諸団体の反対」の2つに大きく分け... [続きを読む]

» 国家資格化の現在 [臨床心理職能メモ]
昨日の心理臨床学会国際シンポジウムを振り返って 現状は、鴨下一郎議員のブログにあ [続きを読む]

« 「心理専門職に関する国際シンポジウム」速報1 | トップページ | 8年ぶりに再開します »