2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »

2005年11月に作成された記事

2005年11月19日 (土)

医療限定資格の不自然さ・・・こだわっています

大事なことなので繰り返し・・・。

 

医療限定資格が医療限定に決してならないという話です。

 

私は、ある曜日は病院でカウンセリングを担当しています。その時は「病院の心理士」です。しかし、別な曜日は、学校でカウンセリングをしています。その時は「スクールカウンセラー」です。企業で活動している時もあります。その日は、「企業の心理士」です。

 

このように、病院や地域など複数の場で働いている心理士は多いと思います。

 

もし医療限定資格(医療心理師)のみができたとしましょう。医療限定の資格で医師の指示を受けます。この資格しかないのであれば、病院で働く私はこの医療限定資格(医療心理師)を取らざるを得ません。病院ではもちろん医師の指示を受けます。病院の場ですから、医師の指示下は当然です。

 

一方、学校においてスクールカウンセラーで働く場合はどうでしょう。学校に行くときには、私は医療心理師の看板をおろして活動ができるでしょうか?そんなことは無理ですよね。医療心理師の有資格者の私が、学校で働くことになるのです。

 

ということは、学校で働いていても、医療心理師として医師の指示の下におかれるという現象がおきます。学校で働く場合は、心理士は学校管理者たる校長の指揮下におかれるべきです。学校のサービスの一環として、心の支援サービスが展開される必要がある。必要に応じて(長く通院している生徒について対応をはじめる時など)、医師の指示下におかれるのなら判ります。しかし、学校の活動全般にかかわる形で身分法として、医師の指示下というのでは都合が悪い訳です。

 

企業においてはどうでしょう。企業の場合は、社長を頂点とする企業人事システムと産業医をトップにおく産業保健システムとの間に心理士はあって、その微妙なバランスの中を行き来している感じです。その微妙な動きができるのが産業精神保健の醍醐味なのです。仮に医療心理師のみができると、身分法で医師の指示下におかれることになる。企業人事システムに入っていても、医師の指示下におかれるという事態となる。これでは、心理士のこれまでの柔軟な活動を大きく制限されます。

 

つまり、医療限定資格であっても、横断的に複数の現場で心理士が働いている状況においては、実際には医療限定とはなりえない。そして医師の指示も医療機関以外に事実上広がってしまうことになるわけです。

 

医療以外に、教育、産業、司法・矯正、その他幅広い分野で活動している心理士の実態にあった横断的な国家資格にしなければ、ねじれが生じ不自然な資格制度となります。ねじれた不自然な制度は、国民のためにもならない制度となると考えます。

 

医師の先生方にとっても、指示の範囲が大きく広がってしまうことは危険なのではないでしょうか?指示には当然責任も伴います。初診でみた患者さんがスクールカウンセラーのところにもたまたま通っていたならばどうなるのでしょう。事情がよくわからないのにそのスクールカウンセラーが医療心理師有資格者となれば、医師は法的には指示しなければならなくなる。学校の事情も不明な中で責任を持つことになればそんな危険なことはありません。ただでさえ多忙な医師たちが、これ以上の無理な責任を持つことに対して、私は本当に心配しています。

2005年11月12日 (土)

国家資格の動きとブログ

ロテ職人さんが、国家資格問題におけるブログについて意見を述べています。それに触発されて、国家資格の動きでのブログの位置付けについて、私が考えていることを少々。

国家資格の動きにおいて、ブログとは「影」のような存在だと思います。なぜなら、ブログは現実の動きとは異なった仮想空間での言葉のやり取りです。

国家資格への歩みとは、国会議員にアポをとっていろんな話をして、官僚に充分に理解してもらえるまで語り合い、医療関係者の方々と何度も話し合い、その他関係団体の理解をえるための粘り強い交渉を続け、知り合いの方に足しげく通い署名の協力を得・・・、ととても地道なプロセスです。

そして、それらの活動には、たてまえとは別にすぐには言葉にしがたいいろんな思いが必ず伴うと思います。それらを(一般的な意味で)「影」と呼ぶならば、その「影」を含めて語り合えるのが、ブログの大切な役割ではないかと考えます。

少し違った言い方をすれば、国家資格の歩みの中で、我々個人はその歩みの中の「断片」になってしまいがちです。大きな歩みの中で個人としての意見や思いのたけを語れなくなってしまう。

そんな時、ブログでさまざまな情報を得、また本音に近い部分をアサーションし、議論する中で自分の感覚を取り戻す。「断片」から自分を回復するプロセスと言ってもよいかもしれません。この点では、ロテ職人さんの言う「個人個人の中で考えをまとめる」「個人個人が考えをまとめるための糧にする」とほぼ同じですね。

「新しい厚生労働委員長」エントリーのコメント欄に、めぐめぐさんがコメントしてくれていますが、自分の問題なのに国家資格に対して距離をおいている臨床心理士って、けっこういます。情報が伝わっていないという構造的問題もあるけれど、国家資格の大きな動きに対して「断片」になりたくない、「自分」を失いたくないという気持ちも、あるのではないかなとも考えます。

ちょっと違った言い方をすれば、不用意な発言をして、「わかっていないな」と上の人たちから言われたくないな、「詳しく知らない人は黙ってついてくればよい」と言われたくないな、という気持ちが、若手には特に強いのではと思います。そして、面と向かってお世話になっている人からこう言われてしまうと、若手は黙ってついていくしかなくなる。こうなってしまうと、「断片」として国家資格の議論を後追いしていくしかない。

そんな「断片」的参加なんておもしろくもないですから、それなら「よくわかんねー」「なるようになるんじゃない」といいながら、距離をおいていた方が「自分」を保てると思う。私はこの気持ちはとてもよくわかります。なぜなら、私も(若手とはいえないけれど)半年ぐらい前までは、そんな「断片」化をいやがりうろうろとする人間に近かったですから・・・。

でも半年前は自分なりに苦しみました。「断片」はいやだけど、国家資格問題はどんどん進んでいく。内容を見てみると、どうも臨床現場の質を下げ悪い影響を与え、クライエントや国民のためにならない方向に進んでいこうとしている。日々忙しく時間がほとんどない中で、自分に何ができるか、ずいぶんと考えました。

そんなもんもんとしていた時に出会ったのがブログでした。ロテ職人さんやデスマさんのブログをみて、いろいろと勉強になりました(今も)。そして・・・、自分はブログで国会資格の流れにささやかながら参加しようと考えた訳です。

だから、私にとってブログは、国家資格の動きへの小さな(でも大切な)参加のひとつと考えていますし、参加するためのウォーミングアップの部屋といってもよいかもしれません。現にこのブログで得た情報をきっかけにして、現実の世界での活動にいくつかかかわるようになりました(署名活動も含め・・・)。ブログを通していろいろと情報を得て議論した上なので、「断片」として活動に翻弄されることがずいぶんと減った感じがします。少なくとも「断片」を楽しめるようになった。

私の思いをつらつらと書きました。皆さんと国家資格の動きとの本音の関係について、いろいろとおうかがいしたいところです。

2005年11月 8日 (火)

新しい厚生労働委員長

一週間ほどまえの話題ですが・・・。

心理職国家資格化のキーとなる役職である衆議院厚生労働委員会委員長に、岸田文雄議員(自民党)が新しく選ばれましたね。

彼は、「臨床心理職の国家資格化を通じ国民の心のケアの充実を目指す議員懇談会(臨床心理職議連)」の事務局長で、今回(7/5)の国家資格骨子の取りまとめの立役者の一人です。*7/5合同議連の写真

彼は、国民の心のケアを進めていく上で、心理職の国家資格問題がどうあるべきかについて、深い信念のもとで考えてくれています。今後のご活躍とリーダーシップに期待したいと思います。

前厚生労働委員長の鴨下一郎議員も厚生労働委員会委員として選ばれ、今後も活躍してくれそうです。

心理職の国家資格問題はどう動くでしょうか・・・。

2005年11月 6日 (日)

日本精神科病院協会(日精協)の学術大会

日本精神科病院協会(日精協)の第33回精神医学会が開催されますね(2005/11/21-22)。

精神病院の実践に深くかかわる学術プログラムが充実していますが、看護師や薬剤師のありかたについてのパネルや作業療法に関する議論の場など、チーム医療に関する内容も目立ちます。

プログラムを見る限りは、心理職に関する議論の場はないようですが、実際にはどうなのでしょう。こういった大会の場で、医師と心理士、他のスタッフの立場から、心理士のありかたについて、学術的な立場から有意義な議論ができるような状況が作れるとよいのでしょうね。

日精協は会長名で、臨床心理士・医療心理師法案骨子に反対する声明を出していますから、その件に関する何らかの発言などがあるかもしれません。

もっとも、日精協自体の総会はすでに開催されていて(2005/9/30)、同じく日精協サイトの会長アピールの中で総会の報告がされていて、「医療心理師」への言及がありました(最後の方で)。ただし、これは報告事項として挙がっているだけなので、どのような協議がなされたかは書いてありません。参加された方は何か情報をお持ちでしょうか。

それよりも何よりも、日精協の方々の関心事は、「医療制度改革」「診療報酬改定」かもしれません。これは我々心理職も直撃する大問題です。

リニューアルしました

1ヶ月ほどブログの方、お休みをいただいていました。

このブログを6月に立ち上げた時は、「緊急ブログ」だからまあ秋ぐらいまでかな、と思っていました。しかし、法案は流れその後は長期戦の様相で、ちょっとペースを整えたいというのが本音のところでした。

そこで忙しいのを理由に書き込みを引き伸ばしていたら、1ヶ月過ぎてしまって・・・。ご覧になっていらした方、コメントをいただいていた皆さん、ご心配おかけしました。

今回、少しリニューアルしました。といっても、デザインを変更しただけですが・・・。

気分的には一新という感じでぼちぼちやりますので、どうぞ皆様のお引き立てをお願いいたします。

« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »