2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 対人サービス職の国家資格について | トップページ | やはりまだ回答はない? -「公開質問状」のゆくえ- »

2005年8月 7日 (日)

対人サービス職の国家資格についてⅡ - 更新制 -

教員免許の更新制が提案されていますね。
asahi.com 
文部科学省 

更新制を採用している資格は少ないですが、代表的な対人サービス職である教員免許において、更新制が議論されることは画期的と思います。

心理職の国家資格においては、何らかの更新制を取り入れてもらいたいところです。
「臨床心理士」資格は現在でも更新制なのですが、今回の法案検討の中では、医療関係の国会議員が反対して更新制は見送りになった経緯があるようです。
理由は、医師の免許更新議論につながるからという理由だということですが、実際はどうなのでしょう。

このブログで発言されている医師の皆さんは、心理士の質の向上を求めている方が多いので、更新制自体には賛成してもらえると思いますがいかがでしょうか?

« 対人サービス職の国家資格について | トップページ | やはりまだ回答はない? -「公開質問状」のゆくえ- »

あるべき心理職国家資格の姿」カテゴリの記事

コメント

更新制の内容ですね。
新薬の解説、副作用が新たにわかった薬の解説、関連法規の解説、問題点が多数指摘され施行上注意すべき心理査定などであればいいと思います。
関連学会の参加も幅をひろげてならいいと思いますが、現行の更新制は問題が多すぎると考えますがいかがでしょうか。

コメントありがとうございます。

そうですね。内容を考えてみると、
更新までの期間(たとえば5年)であった新しい変化や課題となった事項に関する研修などは必要かもしれません。

法律の変更、医学上の動向(ここに薬の話は入る)、学校教育上の動向、その他の分野での動向、心理療法や査定に関する新しい動き、などは必要ですね。

あとは、倫理的な問題に関する再確認も必須でしょう。

あとは、自分自身の専門家としての振り返りと次の5年間の目標設定・・・、そんな自己啓発的な研修をしてくれればありがたいけれど、そこまでは求めすぎかな。心理士たるもの、自分でやらなくては・・・。

>現行の更新制は問題が多すぎると考えますがいかがでしょうか。

そうですね。現状のポイント制と更新研修と何らかの提出物(レポートなど?)を組み合わせて、意義のある「更新制」ができるとよいかなと思います。

関連学会の幅を広げることには賛成です。国家資格であるならばという前提ですが、なるべく多くの学会の協力を得たいところですね。

 少し論点がずれますが、よろしければお考え下さい。
 
 資格の更新制など国家資格化への論点はまだまだあるようですね。しかし、制度も大切ですが、今いる指定大学院の学生をどうするかという問題も考えるべきだと思います。
 鳴り物入りで多くの指定大学院ができて、不況の中資格があれば就職できるかも、と思って進学した学生もいるはずです。
 
 資格問題では既に心理職の現場で働いていらっしゃる方の意見が多く見受けられますが、今はこれから自分の職がどうなるか心配な学生もたくさんいると思われます。
 仕事を持っている人はもっと慎重に資格問題を考えるべきとの意見をお持ちでしょう。しかし、これから就職先を探す学生にとっては正直それどころではないと思います。
 一昔前に臨床心理士資格の宣伝を見て進学した学生は心理職の就職の厳しさにがっかりしている人も多くいらっしゃると思います。学会が資格で若い人の人生を食いつぶしているとか、資格商法だとかいう批判が出るのはあまりに既に職についている臨床心理士が若い、特に学生の就職のことを考慮する意見を言ってくれないからだと思います。そして、既に臨床心理士の中で資格問題の温度差があるようなことも聞いています。また、心理職では食べていけないのでこの道をあきらめる学生も出てきているのだとか・・・。
 
 臨床心理士ももちろん実力で勝負し、質の悪い臨床心理士は淘汰されるべきと思いますが、現状は程遠いです。数少ない職はコネで埋まっちゃうことが多いようですし、市場原理が働く前に若い臨床心理士は競争もさせてもらいないというのが実情ではないかと思います。当然、心理職で食べていける人とそうでない若い学生の間に資格に対する考えの相違が出てきます。
 
 何でも他人のせいにするのは良くないですが、“私はだまされたのかも”と考える臨床心理の学生もいることを知って欲しいのです。職を斡旋しろとまでは言いませんが、臨床心理士が資格問題に対して一枚岩になるためには今学生、または資格を取って無職、という若い人の就職を考えることが必要かと思われます。

>tanomonさん

気にはかけていても、それをネットに書く人はあまりいないだろうなー、と。

なぜなら、それを直接書くと、
「それじゃ、臨床心理士(志望者)のための国家資格化だ!」
と、関連団体の人などから批判を受けますよー。
そしたら、かえって国家資格化が遠のいてしまう。
これがまず1つ。大きな理由。

あとは、実際、国家資格化しても、そんなに仕事は増えないとは思うんですよ。
だって、無い袖は振れないもん。
国の資格になったところで、予算が増えるわけではないし。
精神科はたぶん、現職者が資格をとって、ほぼおしまい。
心療内科には、少しは新規の需要は出るだろうけど、
それも2~3年で、また埋まると思う。

それから、私のブログの、ちょうど今日のエントリを見てほしいんですが、
http://nobucp.blog4.fc2.com/blog-entry-169.html
国家資格化のされ方によっては、もしかしたら自分が失業するかも!と思っているのに、
若い人に職を与えるために何でもいいから国家資格化を、
とは主張しないと思うんですよね。私だけじゃなく。
あなたが、切実に心理の仕事をしたい、と思うのと同じように、
私も、今の仕事を追われたくない。
落ち度があったのなら、責任取るけど。

まあ、それに正直、クライエントがかわいい。
彼ら/彼女らに不便をかけるような国家資格化だけはして欲しくない。
最低限、それだけは。

・・・というようなことを考えていると、若い人のことは、
その次になってしまうわけですよ。
気にしてないわけじゃないけど、クライエントと自分の次。

それにもともと、この国の心理職始まって以来、
大学院さえ出れば何とか仕事がある、というような時代は、もともとなかったわけですよ。
きついことを言うようだけど、やっぱり「自己責任」だと思うんだよね。

そして私は、以前から、「臨床心理士になりたい人のためのサイト」や自分のブログで、
「職の見通しがつくところに進学してください。そうでなければ、やめたほうがいい」
と主張して、「仕事ないよー」と宣伝しています。

あと、そうそう。

へたに医療心理師だけが国家資格化された場合、
今の学生や、新卒で現職じゃない人は、経過措置に乗れなくなって、
かえって「弱り目に祟り目」になる可能性も十分ありますよー。

実力的にも駆け出しで、国家資格もないとなれば、
もっとまずいことに・・・。

何でもいいから国家資格化すれば有利というものでもないのですよ。
例えばの話ですが・・・。

tanomonさん

コメントありがとうございます。国家資格の議論において、今の大学院生へのまなざし、さらに言うならこれからの志願者たちへの配慮も重要と思います。ただ、デスマさんの意見にもあるように、彼らのためという議論のみでは不充分と感じます。
やはり、彼らがどう質を上げていくか(そのための仕組みをどう作るか)、質の高い人をどうやって適切な現場に配置させていくか、という観点での国家資格議論が重要と思います。そのことが質の高いサービスを得るという国民への利益になると考えるからです。その点に関しては、今の大学院生も同意してくれると思うのですが、いかがでしょう。
その点に関して、別なところにも書きましたが、今回の国家資格騒動で徹底的に欠けていたのは、人員供給計画と思います。つまり、何年間で何名の心理職がどの分野に必要となるか、そのためにどのようなペースで養成すればよいか、ということです。
もし国家資格論議を再開するならば、人員供給計画はしっかり立ててほしいと思います。そうしないと、国家資格となっても「だまされた」という学生は後をたたないでしょう。

 いろいろとコメントありがとうございます。
 ただ、私は医療心理師に賛成とは申しておりません。今回の法案の是非さえ判断がつかないのです。多くの学生は意見があるけど言えないのが実際でしょう。
 
 ただ、私は今の臨床心理制度を実際に支えているのはClさんというよりも心理職希望の学生や若い人ではないかな、と感じるのです。彼らが勉強の為に払う本代、学会費、研修費、学費などが臨床心理に関わる諸団体を支え、現在の発展に繋がっているのではないでしょうか。そうすると法案の為に心理職の一本化を図る為には心理職の就職を希望して臨床心理などの学問に投資してくれている学生のことも考えなければならないと感じるのです。
 心理職を目指すにはもちろんそれなりの情報を知っておかなければなりませんが、心理の資格を取っても職はない、ということを今まで関係諸団体や専門家の先生はどれだけ学生に伝えていたでしょうか。少なくとも数年前までは心理の資格は将来有望と宣伝されていたと感じるのですが…。

 現職の方も大変でしょうが、これからの学生はもっと大変でしょう。自己責任と切り捨てるのは現職の人は簡単かも知れませんが、それでは学生や職にあぶれた人は納得できないだろうと感じます。そして就職難にあっている心理職志望者のことを考えずにいることが心理職の意見の分裂になってはいないかと思うのです。

 私はClさんは当然のことですが、心理職側が一枚岩になるには関係者を支えている学生諸子(既卒者で職が不安定な方も)の意見と将来もしっかり考えなけれ難しいと感じるのです。いかがでしょうか…。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113171/5344942

この記事へのトラックバック一覧です: 対人サービス職の国家資格についてⅡ - 更新制 -:

« 対人サービス職の国家資格について | トップページ | やはりまだ回答はない? -「公開質問状」のゆくえ- »