2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 医療現場で働く臨床心理士の皆様へ: 署名のお願い(再度) | トップページ | ちょこっと「医師の指示」の話 2 »

2005年6月28日 (火)

「医師の指示」をちょこっと考えてみました 1

心理職の国家資格化における「鬼門」である「医師の指示」問題についてちょっと整理しました。3つのレベルにまとめられるでしょう。

1.資格全体に「医師の指示」がおよぶ

2.一部業務に「医師の指示」がおよぶ

3.一部業務に「医師の指示」が事実上およぶが法律には明記されない

<1.資格全体>は、最も強力に医師の管理下におかれる場合です。医師の指示に従わなかったことで、法律論上は責任を問われる場合もあります。「命令」という意味合いが強いと言ってよいでしょう。よく「医師の指示」といっても連携してやっているから問題なし、ということを言う人がいますが、それは間違いです。臨床上の重要な判断が求められた時や事故が起きたときに、法律論のこの考えが決定的となります。だから医師会はここをカードとして離さないよう動くわけです。

資格全体に「医師の指示」をかけるということは、その資格者の人格や倫理的な考え方すべてに、その考え方がおよぶということです。その資格者の行動すべてに規制をかけるわけですから、法的には明確な根拠が求められます。その根拠が、医療行為なのかそうでないのかということです。医療行為を行うのならば医師(+保健師・助産師・看護師)の独占業務だから、「医師の指示」に従うことになるわけです。医のなわばりに入りたいなら親分に従いなさい、ということです。

つまり「医師の指示」と「医療行為」はセットになった考え方ということです。ところが、医療心理師法(案)では、こんなことがおこりました。医のなわばりに入れたふりをさせてあげるから、親分に従いなさい、ということです。「入れたふり」というのは、医療行為ではないけれど医療保険点数はつくかもよ・・・、という呼び水です。もっというなら、医療保険点数はつくかもしれないしつかないかもしれないよ、でも親分に従っておかないと絶対に難しいだろうなー、というつぶやきですね。一部の心理士がそのつぶやきにおびえ乗っかってしまいました。乗っかるだけなら心情的にはわからないでもないけれど、乗っからない人たちはわかっていない心理だと批判し差別化を始めたのです。

« 医療現場で働く臨床心理士の皆様へ: 署名のお願い(再度) | トップページ | ちょこっと「医師の指示」の話 2 »

医師の指示」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113171/4741237

この記事へのトラックバック一覧です: 「医師の指示」をちょこっと考えてみました 1:

« 医療現場で働く臨床心理士の皆様へ: 署名のお願い(再度) | トップページ | ちょこっと「医師の指示」の話 2 »