2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« ちょこっと「医師の指示」の話 2 | トップページ | 「医師の指示」に対する心理職の姿勢 ちょこっとのふりをした話 4 »

2005年6月28日 (火)

ちょこっと(でなくなっちゃった)「医師の指示」の話 3

(3つのレベル)

1.資格全体に「医師の指示」がおよぶ

2.一部業務に「医師の指示」がおよぶ

3.一部業務に「医師の指示」が事実上およぶが法律には明記されない

<3.法律未明記>

医療機関で働くスタッフすべてには、管理者(院長・医師)の指揮下に入るという意味で、「医師の指示」を事実上受けるということになります。事務職も掃除をする人も、病院で働いている限りは事実上「医師の指示」に入るということになります。しかし、このことは資格の法律には触れられていないでしょう。これは医療法15条に「従事者の監督」として医療機関の管理者が定められているわけです。管理者は、事実上医師にしかなれません(医療法人なら医師以外でも理事長になれますが、院長はやはり医師でしょう)。

ですから、よく医療機関で働くなら医師の指示に従ってもらわないとこまる、だから医師の指示下の資格でないとだめ、という意見をいう人がいますが、そんなことはありません。医療機関で働く人は、すべて管理者である医師の指示に事実上従うことになっているわけです。たとえば資格のない事務職の人は、資格としては医師の指示は受けないのですが、だからといって言うことを聞かずやりたい放題ということにはなりません。

くりかえすと、医療機関で働きたいなら「医師の指示」資格となれ、というのは、あまりにも乱暴なおどし文句です。現に、精神保健福祉士は「医師の指導」という職であるけれど、医療機関で働いています。「医師の指導」資格だからといって、医師の指示に従わなくてよいかといったらそんなことはない。医療機関に勤めている限り、医師である院長の指揮下で動かなくてはならず、事実上医師の指示下におかれるということです。

« ちょこっと「医師の指示」の話 2 | トップページ | 「医師の指示」に対する心理職の姿勢 ちょこっとのふりをした話 4 »

医師の指示」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113171/4741305

この記事へのトラックバック一覧です: ちょこっと(でなくなっちゃった)「医師の指示」の話 3:

« ちょこっと「医師の指示」の話 2 | トップページ | 「医師の指示」に対する心理職の姿勢 ちょこっとのふりをした話 4 »